アーカイブ

2014年06月

カテゴリ:
恋愛モノが全部嫌いといいながら、
とある漫画を読んでしまいました。

恋愛ものというより、家族もので、オトナ向けのものなので、
厳密には私の「嫌い」カテゴリからは少しずれるんだけど。


家族が幸せにやってる、そういう話。

いろんな、幸せではないことがあっても、上手に「幸せ」を見つけて、上手にそれを育てていく、そういうあったかい話。

ちょっと考えさせられました。


私はたぶん、幸せの種を踏みつぶしてるな、と思ったから。
もっと、できること、やれることが、たくさんあるはず。



メインではないけれど、不倫している女性が何人か出てきます。

そのうちの一人が、「私は絶対後悔しない」といっていました。
「悪いことをしたなんて思ったことはないし、これからも思わない」。

彼女はいいます。

「不倫って、不純?」

「相手が既婚者だから、恋を諦めるの?
 相手が既婚が未婚かによって恋をするかどうかを決めるなんて、
 そっちの方がよほど不純だわ」 

(すみません、見ながら書いているわけではないので、だいたいこんな感じだったなということで)



うーん。
確かに、と思わないでもないけど。


でも社会で生きていく以上、そこの社会のルールがあるわけで。

極端な話、なぜ人を殺してはいけないのか? なぜ物を盗んではいけないのか? とかそういう質問されたら、その人はどう答えるのかな。


でも、それも含めて、色々考えさせられたのです。



不倫は悪いことだよ。

なぜって、悪いことだって決まってるからだよ。



悲しむ人がいるから?
それも、あるだろうけど。
悲しむ人がいなくても、悪いこと。

「バレたらマズイ」ことが、良いことなわけがない。




不倫が許されているような法律の国にいって不倫するんなら、いいんじゃない。
私はそう思う。





でも最近、ぐるぐる考える。
生理現象として、男はそういうものなんだといわれてしまったら、そうなのかもしれないけど。


前にも書いたけど、世の中のどっかに、「男の浮気のひとつやふたつ」っていうのが、あるよね。
その風潮からしておかしいよね。


以前はあたりまえだったタバコも、いまではすっかり減った。
喫煙所に入って、愛煙家はタバコを吸う。


そんなふうに、そろそろ時代が変わってもいいんじゃないだろうか。



不倫、バレたら、即罰金!
即クビ!


みたいな、世の中のみんなが目を光らせてる感じに、なってもいいんじゃないの。


それってものすごくリスクがあって、ヤバイことですよって。
知らない人が多いように思う。




一応紹介しておきます。

漫画のタイトルは「アンサンブル」
Jコミというサイトで無料で読むことができます。健全なものだけ読むなら会員登録も不要だったはず。
http://www.j-comi.jp/book/comic/47541

私はJコミの漫画は、ヒマな時間があれば、スマホで読んでます。
専用のアプリもあります。


絶版になった漫画を無料で公開して、広告収入を作者さんに還元するとか、そういう形だったかな。
ラブひなの作者さんが立ち上げたとかで、たぶんそれも読めるはずです。


無料だし、良いものは良いので、軽く紹介でした。



 

カテゴリ:
幼少期から、20才ぐらいまで、色々なことがあったので、
私は幼心に、「幸せと思わないようにしよう」というのを教訓にしてきた。

「幸せだな」と思ったら、たぶんそこがピークの状態で、あとは悪い方向に落ちていくだけだと思っていた。
そういうのは停滞しないもので、いつも曲線で、上がったり下がったりするものだということを、当時、経験から感じていた。


主人と出会い、つきあい始めてしばらくして、そんな話をしたことがある。
主人は、これからはずっと幸せだよ、といっていた。
幸せだと思っていいよ、と。
僕がいるから、と。


結婚が決まったあとの、職場の飲み会で、幸せだということを私が言っていたら(まあ私のお祝いも兼ねての飲み会だったので、それ自体は普通のことだろうと思う)、年配の女性の方が、「それはよくないわ」と私をたしなめた。

世の中には、いろんな人がいる。
いくら幸せでも、幸せだと公言する、わざわざ触れ回るようなことはよくないと。
きっとよくないことになるから、やめなさいと。


そのときは私も若くて、よくわからなかったけど、
いまはなんとなく、わかるような気がする。

私は当時幸せ絶頂で、私が経験から培ってきたはずの法則も忘れていて、
きっといい気になっていた。

いろんな大事なことを、忘れていた。


謙虚さというものが、まったく、なかった。




いまは、幸せというものを、もうすこし違った思いで感じている。
きっと誰かをたしなめるようなことはしないけど、経験則に則って、幸せだといえるし、思う。



謙虚でいることとか、
期待しないこととか、
諦めるということは、

後ろ向きなようで、すごく前向きなことだと思う。


もう忘れないようにしたい。


私は恵まれている。




 

カテゴリ:
世の中の不倫している男性というのは、奥さんに「愛してる」と伝えますか?



YES、なんじゃないかなと思う。
不倫するようなひとってそういうのマメなんじゃないかな。
場合にもよるのかな? 思い込みだけど。


主人も、言う。

冗談のようにいってみたり、酔っているときに真剣にいってみたり。



その都度、思考が止まる。



「私も、愛してるよ」

と、 答えることができない。
子どもみたいだけど、意地なのかもしれない。


それに、怖い。

愛を伝えて全力で拒絶された、あの日が忘れられない。


愛してるとかいってみた途端に、じゃあ離婚しようといわれそうで。
愛してると伝えたら、じゃあ不倫し放題じゃんってなりそうで。




それに、やっぱり、どの口が、と思う。
その一瞬で、いろんなことが、全身の血管を駆け巡って、ショートしたみたいになる。



幸せでありたい。
それを遠のかせているのは私自身に他ならない。



幸せは主観だもの。
どんな境遇でも、「幸せ」なひとは「幸せ」だ。




私も、もちろん、「幸せ」。
でも、堂々巡り。


虚勢を張ってなにがしたいのと自問する。


 
 

カテゴリ:
以前、そういう家で育つとそういう大人になることが多い、というようなことを書いたけど。

そこまでいかずとも、子どもへの影響というのは、あるらしい。


うちの場合は、発覚が娘が1歳の時。一番辛かったのは2歳のとき。
でもそれ以前からやっぱりおかしくて、私が不安定な状態だった。

その後は吹っ切れたというか、ある程度諦めがついたものの、やっぱり正常ではない。
ずっと、毎日、悶々としている。


そういう状態での子育ては、とても良くないのだそう。
小さな子どもは敏感に感じ取ってしまうらしい。


娘は、小さいころから気持ちの波が激しくて、すぐに泣いてしまう。
感情の押しつけ方が、不安定だったころ、泣いて主人にすがっていたころの自分にそっくりだと思う。


もうしわけない気持ちでいっぱいになる。
きっと私が、そうさせてしまったんだよね。


でも、そういうのはたぶん、押しつけてもしょうがない。

たとえば、「おはようってちゃんといいなさい」と教育するのではなく、親が常に笑顔で「おはよう」をしていれば、自然にそうなるように。
模範となるような自分でいて、気づいて欲しいし、変わって欲しい。


ごめんね。
私が馬鹿だったよね。



良い母でありたい。
主人の不倫がいいわけにならないような、笑顔いっぱいの家庭にしたい。


幸せになってほしい。
大好きな娘。



(でも、不倫するような旦那を将来捕まえそうな気がするな……)
(そうじゃないことを祈るよ、娘)


 

カテゴリ:
最近、悶々と考えてる。

大御所芸人さんの不倫騒動、詳しくは知らないんだけど、奥さんのブログ記事を読んだ。
立派だな、すごいなって思った。

芸人はモテなくなったらおしまい、家族に迷惑かからないなら大いに結構、だっけ。

すごいなあ。


すごいし、有名人の奥さんっていうのは、大変だなと思う。



なんなんだろう。
男性にとっての不倫っていうのは、本当に遊びというか、性処理の一つなのかな。
悪いことっていう意識はあまりなくて、様式美として隠している、のかな。


以前の記憶をたどっていて、そうなのかな、と思う。
もちろん、ひとによって様々だろうけど。

そんなものにいちいち目くじらをたてるのはおかしいのかもしれない。





いや、
やっぱり、いけないことはいけないことだし、

相手の娘さんもかわいそうだけど。


サレだって、心を殺されてしまうけど。



そこまで思い詰めないで、馬鹿な男ね、しょうがないなあって、流すのが正解なのだろうか。



不倫ってなんだろう。
浮気っていうのは、永遠になくならないのかな。


一夫多妻制だったりしたら、妻はどんな気持ちなんだろう。
ヤキモチとか、嫌な気持ちとか、ないのかな。


もしかしたら私は、必要以上に被害者ぶってるのかもしれない。
笑い飛ばすぐらいでちょうどいいのかもしれない。


わからなくなってきた。


不倫していたって、

ちゃんと働いてくれていて、
養ってくれていて、
休日にはそれなりに家族サービスをしてくれて。

娘はパパを愛していて。



充分なんじゃないかな。
私は何が欲しいんだろう。


 

このページのトップヘ

見出し画像
×